読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キンキ担が初めてKAT-TUNコンに行ってみた。


KAT-TUNのコンサートに行ってきたゾーーーーイ!!!!!



4月29日にKAT-TUNのコンサートに行ってきた。ずっとKAT-TUNのコンサートはやばいらしい(ざっくり)っていうのを聞いてて去年のquarterは予定が合わなくて行けなかったから次のコンサートには行こうと思ってた矢先での「今回のツアーを最後にKAT-TUNは充電期間に入ります」という発表。やっぱりわたしはKAT-TUN担じゃないし、そんな意味合いをもつコンサートにはKAT-TUNのファンが行くべきだし諦めようと思った。するとTwitterKAT-TUN担の「興味あるなら行って!!」という書き込みやKAT-TUNのコンサートがどれだけやばいか紹介するブログまで出てきて、もう好奇心が抑えられなくなった。行きたい。ぜひ、体感したい。と思ってめちゃめちゃチケットを探した。Twitterで「キンキ垢から図々しくリプを送っても譲ってもらえないだろうなぁ」って思ってだめもとで送ったらなったなんと譲ってもらえることになった。「うちの子たちのコンサートをぜひ他の人のファンの方にも見て欲しい」チケットを譲ってくれた方もそう言っていた。そうやって言っていただけるのだから失礼のないように全力で楽しまなければならない。一週間の10ks猛勉を経て、前日に夜会で「上田くんCawaii!!」となりテンションMAXで迎えたコンサート。とってもとっても楽しくて、そして少し切なくて、胸が熱くなって、涙がこみ上げてしまった。

まずコンセプトが最高にかっこいい。そして衣装がかっこいい。着替えても着替えてもかっこいい。ねえ!?トンチキな衣装ってKAT-TUNには存在しないわけ!?!?となってしまう嵐ファン。ジャニーズのコンサートにトンチキ衣装って必ず一着は着なきゃいけないもんだと思ってたよ…。

あと語弊しかないけど亀梨くんのこと歩くと18禁かな!?って思ってごめんなさい。なんか常にエロい、セクスィー。もうセクシーじゃなくてセクスィー。あと首筋伸ばすたびに前日の夜会の集計結果思い出したから夜会のスタッフは早急に責任を取って欲しい。あとMOONでマイクスタンドとピーーー(規制)しだした時は驚きすぎて頭抱えた。東京ドームお子ちゃまいるよね!?!?大丈夫!?!?PTAから苦情来ない!???ちょっとここ亀梨くんに衝撃受けすぎてちょっと記憶飛んだ。

そして「団扇持つなら上田くんだな〜」なんて考えてたんですけど、生で見る上田くんめっちゃくちゃ可愛かった。かっこいいんだけど、上田くんって尖った赤ちゃんに見えるときありません???(上田担各位許してください)わたしの中の上田くんは中性的なイメージが大きかったので最近のどこかの兄ちゃんみたいな上田くんみてもやっぱり可愛いなーっと思ってしまって。マイク持つと脇にボール一個入るぐらいの隙間できるのほんとうにかわいいとおもった。 そしてバイクという名の三輪車にまたがってヴォンヴォン鳴らして登場した上田くん最高にかっこよくて可愛かった。あとヴォンヴォンってエンジン音であの悪夢のカウマ○チコン思い出して震えたのであとでマ○チは8時半に第三倉庫な。

最後に中丸くん。 シューイチで「まじすか!?」って言ってるイメージしなかった中丸くん。気がついたらあなたのことを双眼鏡で追ってました。帰りにグッズ売り場であなたのクリアファイルを買いました。
何が起きたか自分でも自分でもよくわからないんだけどとにかくOPから好きになった。中丸くん=シューイチのお兄さんのイメージだっからステージ衣装を着ている姿が新鮮で、そしてナポレオンジャケットがかっこよくて。衣装を変えても変えても中丸くんがひたすらにかっこよすぎて椅子から立ち上がりそうだった(着席指定席だった)し、本当に頭抱えて友達に笑われた。そしてヒューマンビートボックスのコーナー。自分の特技とかを一つのコーナーにするとどこか「発表会」みたいな雰囲気になる可能性もあるのに中丸くんにはそれがなかった。とにかくかっこいいだけかな?と思っていたらすごいユーモア交えてきてお腹抱えて笑った。あと全体的にKAT-TUNがこんなに面白いって知らなかったよ。あと、ファンのこと「お客さーん」っていうの斬新でびっくりした。「ファンの子」「化け猫(by光一さん)」「上のHooooooo(by櫻井くん)」とかは言われ慣れてたけど「お客さん」は初めてだった。そうだ、わたしは客だという当たり前のことに気づけたよ、中丸くんありがとう。「お客さん」っていうけど天井席にも角度のある席にも感謝をしていて最高にキた。

最後の「UNLOCK」でレーザーは出るは火は出るは爆発するわで「これがKAT-TUNコン…!」ってペンラ握りしめて興奮した。豪華でド派手でかっこいいよ、KAT-TUN

今回のツアーを最後に充電期間に入ったKAT-TUN。ファンではなかったけど、ずっとどうして彼らだけがこんなに背負わなければいけないんだろう、と思ったこともあった。でも三人が充電期間のことを前向きな決断とどの媒体でも言っていて。そんな彼らがまた戻った時には最高に強くなってるだろうなって。今でもすごく強いと思うから。昨日所用があってKAT-TUNコンが終わった頃に東京ドームの周辺にいたのだけど、「KAT-TUNファンの方暗い顔したり泣いたりしてるのかな」って思ってたけどそんなことなくて。あっ、泣いたんだなって目をしてる人たくさんいたけど暗い顔じゃなくて笑ってたりしてて。明るい、とまでは言えないけどドーム周辺が前向きな空気だった。そうさせたKAT-TUNってやっぱり最高にかっこいい。ファンの方の宣伝の効果もあってわたしみたいにやっと彼らの魅力に気付いた人がたくさん生まれたと思う。そしてきっともっと強くかっこよくなったKAT-TUNはかならずドームに戻ってくると思うからそのときはまた最高にかっこいいコンサートがみたいなと思いました。

一人一人で戦う彼らの道がまた一つになったときに彼らとファンの方々の前に素晴らしい世界が広がることを祈って。